読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SWIMTEAM SEATURTLES

岐阜県中津川市の水泳チームブログ

SWIMTEAMSEATURTLES主催”ビギナーズレッスン”を開催してわかったこと

f:id:SEATURTLES:20160625085159j:plain

シータートルズとして初めて企画したイベント”ビギナーズレッスン”を、2016年7月30日(土)に開催しました。概要は上記チラシにあるとおり、大人の初心者向け水泳教室です。

なんのツテもなく、身内に対象者もいないので、企画当初から集客に不安はありましたが、なんとか2名の方に来ていただくことができました!!

ご参加くださった方々、スタッフの皆さま、関係者の皆さまのおかげで無事に開催できました。ほんとうにありがとうございました。

 

 

たったの2名かよって感じに捉えられるかもしれないけれど、コーチは1名、サブにもう1名の2名体制で教室を開催しようと思うと、MAXでも5名が限界かなという感じなんですよね。なので、初めての企画としてはちょうどよい人数で開催することができたと思います。

 

それでは、ビギナーズレッスンの企画から振り返っていきたいと思います。

 

 

なぜ"ビギナーズレッスン"を企画したのか

シータートルズは中津川に拠点をおいて、水泳の普及とコミニュティの運営を目的に活動をしています。 知らない人同士、水泳を通じて仲良くなっていきましょうって言う感じのことですね。

16年8月現在でいくとメンバーは15名くらいなんですが、この人数をもっと増やしていきたい。当面30名位を目標にしていきたいと思っています。

 

ではどうやってシータートルズのメンバーを増やしていけばいいのか。

口コミとか知り合いに声をかけるなどなど、いろいろと試行錯誤はしていたけれどなかなか難しい。。。そこで、知名度を上げていくとともに、隠れた「水泳やってみたいなーという需要」を喚起するため、イベント開催を思いついたんです。

 

泳げる人は、こちらから声をかけなくてもスポーツクラブに行って泳いでいるから、水泳をやってみようかなと悩んでいる方をターゲットにしたイベントとしました。

 

最大の課題は集客。集客方法と今後の対策

イベントのコンセプトは決まりました。

「この夏、泳いでみたいけどやったことないし、どうしようかなって迷ってる人」をターゲットとした「水泳初心者のための大人の水泳教室!」です。

 

では、どのように集客していけばいいのか。。

 集客には本当に悩みましたが、メンバーの幹部4名で以下の施策を打ちました。

  1. とにかく、口コミを実践
  2. 公共機関など、人の目につくところにチラシを作って置いていただく
  3. SNS(FBページTwitter)で告知

結果は、口コミから1名、チラシは500枚用意して1名、SNSはほとんど効果なし… って感じですね。予想はしていたけど、厳しい。ほんとに厳しいなーと思いました。ただ、よくわからない団体のイベントなんて参加するのも怖いですもんね。イベント開催のフェーズに乗ってない段階で、イベント開催を企画したのがそもそも間違っていたかも知れません。

今後の対策としては、まずはシータートルズという団体を知っていただくこと、ブログでどんどん情報発信すること、FBTwitterでお友達を増やすことを粛々とやっていこうと思います。あとペリスコープっていうアプリを使ってビデオ生配信しますので、興味ある方はぜひ覗いてみてくださいね!Twitterからチェックできます!

 ぜひ友達になってください!

 

いよいよ"ビギナーズレッスン当日"

さて、いよいよビギナーズレッスン当日。17時から19時は、市民プールは大人専用のプールになります。市内在住の方は210円。安い。

 

今回の参加者は、20代の男性と、40代の女性1名ずつ。

まずはみんなで準備体操、それから早速プールに入って泳力を確認します。

事前に泳力を自己申告していただいていたので、だいたいわかっているんですが、直接確認することが大事。自己申告は、女性は顔をつけるところまで、男性は息継ぎまでできるけど我流だからフォームは微妙ということでした。まずは顔つけから。

f:id:SEATURTLES:20160801211102p:plain

(画像はイメージです)

どうかなー。うーん、大丈夫!

顔つけのあとは、水中で息を吐いたり、浮かんでみたりと基本的な水中の動きを一通り試してみて、水を怖がっていないことを確認。

その後、男性の方はわりと泳げることがわかったので、サブコーチとマンツーマンでどんどん先にいきます。女性の方は、けのび(ストリームライン)から。手を上に上げて、腕はまっすぐ。そのままの姿勢で壁を蹴って水平姿勢を保ちます。最初はぎこちなかったですが、何度も繰り返すうちにきれいにできるようになってきました。

 

次はキックの練習です。初めてキックの動きをする初心者によくある間違いは、自転車を漕ぐように膝を大きく動かす動作です。これだと推進力を得られないので、つま先を大きく上下に動かすよう指導します。まずはビート板を持って。次にけのびからキック。徐々に形になっていきます。

実はiPadとGoproを準備していたので、節目節目で動画撮影をさせていただいていました。

その場で動画を確認しながら自分の上達具合をチェックして、また泳いでみるということを繰り返します。水中だと自分がどうゆう動きをしているのかイメージしにくいと思って動画撮影をしましたが、これが好評でした。

 

最後に成果発表です。

20代男性の方は力まず、綺麗なフォームで25m泳ぐことができました。

 

 

40代女性の方は顔をつけるところからのスタートでしたが、なんとか2かき、手を回すところまでできました。顔つけからのスタートでここまでできれば上等かな!

 

2時間という短い間でしたが、なんとか成果を出すことができてホッとしています。

また、レッスン終了後、女性からは「つぎのレッスンはいつですか?」「また受けたいです」とのお声がけをいただきました!嬉しい!うれしい!

 

はじめての企画運営を通してわかったこと

 まずは、チームの知名度をあげること。

シータートルズは何やってる団体なのか、どんなコミニュティなのかっていうことをまずはどんどん発信していこうと思います。また、これからの時期は水泳のシーズンに入っていくので大会の様子なんかもお伝えできれば。そうゆう地道な活動を通して、皆さんにシータートルズが何をやってるのか知っていただいたうえで、またイベント開催できたらもっと注目していただけるのかな。

あとは資金繰りも考えていかねば。わたしのポケットマネーで3万円ほど(うち2万円はチラシの印刷代)かかりました。いつまでも個人のポケットマネーで運営できないので、なんとかせねばと思っています。救世主、求む!